黒にんにく工房 - 青森県産熟成純黒にんにく

黒にんにくは免疫力を高め、コレステロールを低下させる効果がある

黒にんにくは免疫力を高め、コレステロールを低下させる効果がある?

黒にんにくは免疫力を高める

黒にんにくは免疫力を強くする

黒にんにくは一般の白いにんにくを高温多湿という感許可で約1か月程度熟成させて作ったものです。これがいつどこでつくられたか明確ではありませんが三重県が発祥の地というのが有力。

海外では韓国産の黒ニンニクが多く流通していて、日本産のものはあまり普及してないです。これは熟成発酵させたものですが、発酵につきものの酵母菌などの微生物が関与してません。この発酵はニンニクに含まれた糖質やアミノ化合物によるメイラード反応と言われ、化学反応による減少で、熟成黒ニンニクと言えますが、発酵黒にんにくは間違い。黒にんにくは通常のものに比べて大きく違う点があり、にんにくは熟成の過程で徐々に黒くなって一部成分が変化していきます。

最終的に真っ黒になり熟成します。黒にんにくは通常のものと成分内容に変化があって、にんにく種類や熟成条件により違いがありますが傾向としてアミノ酸18種のうち13種類増加・炭水化物量が1.7倍に増えたなどがあります。

黒にんにくはサプリとして販売されるぐらい効果を期待されていて、通常のニンニクも多くの効能がありますが、熟成醗酵されたものには、一部作用が強まるとされています。通常のにんにくも抗酸化作用がありますが、熟成されたものはさらに抗酸化作用が強まるといわれます。どうしてポリフェノールが増えるか、ポリフェノール製成分が増加してるのかは明確ではありません。

黒にんにくの効能で免疫力を高くすることが注目されていて、通常の効能にくわえ、抗酸化作用が強くなるので免疫力が高まるのは想定できますが、注目すべきは免疫細胞を活性化すること。NK細胞は通常免疫細胞と異なって免疫プロセスを経ず有害物質攻撃する細胞。黒にんにくが注目されたのがん予防で、通常の物にも抗がん作用が確認されてますが、さらに強い効能を見込めるといわれていて、特にS-アリルシステインの持ってるNK細胞を活性化させる効能はがん細胞抑制に効果があります。

黒にんにくは高温多湿の状況で熟成させるのは共通認識ですが、その製法が決まってるのではなく作り方により条件が異なるケースが多々あります。黒ニンニク保存は気にする必要がないほど割と保存性の高い食品であり、その間にも熟成が進み保存期間中栄養価値の向上を期待可能です。そして短期なら保存法は気にする必要はないですが、最低限の処置は必要となります。そして長期保存もできますが、早めに食べきってしまいましょう。

コレステロール低下作用で血液サラサラに

コレステロール低下作用で血液サラサラに

通常のニンニクは殺菌力が強くて腸内ビフィズス菌などを殺してしまうので、胃腸障害など副作用が出たりしますが、黒にんにくは殺菌力が強いアリシンが減っているので、食べ過ぎて胃腸食害が起きるのはほとんどありません。黒にんにくの食べ過ぎによる副作用であるのは胸やけで、どうしてこれを食べ過ぎれば起きるのかは明確ではありません。

黒にんにくは健康によいと注目されていて、いろいろなメーカーから売られてますが、毎日食べるには経済的にきついことが多いです。メーカーでつくられてるのは独自製法だったりじっくり熟成してつくられてることが多く、手作りの物より味などの面で品質がいいと思いますが、手作りは添加物などをしんぱいしなくて安心というメリットもあります。

市販黒にんにくは専用熟成箱を利用して作ってますが、手作りの物を作るには炊飯器を使うのが定番です。これを使えば簡単に黒にんにくができて、ほとんどの方が炊飯器を使ってますが、問題は黒にんにくを作ってる間ご飯を炊けないこと、においがついてしまって黒にんにく専用炊飯器が必要に。

黒にんにく熟成させるのに炊飯器保温機能を使いますが、炊飯器により一定時間過ぎれば保温が自動で切れてしまうことがあって、その場合随時スイッチを入れなおす必要があります。黒にんにくを作る事態それほど難しくありませんが、一番の難関は匂い対策で、熟成した物は殆どにおいませんが、黒にんにくを作る過程でかなり匂いが散乱します。

作り始め5日ぐらいはにおいが出ますが、迷惑にならない場所確保が必要になって、庭などでつくることが多いです。基本水はにんにくにふくまれた水分と洗ったときにつく水ぐらいで付け足す必要はないです。水分が左右されるのは、にんにくに含まれる水分量や炊飯の性能です。

炊飯の性能は機種ごとに違いますから、試しながら作るしかありません。黒にんにくはにおいがなくて、普通の白いものを長期熟成させたものです。この期間本来あった臭いの原因のイオウ化合物が取り除かれ、にんにく臭がなく食べやすくなったメリット以外に、毎日食べても口臭が気にならないということもあります。

S-アリルシステインはポリフェノールの一種で普通のものにふくまれてませんが、熟成させて黒にんにくにすればこれが生成されて新たな効能が引き出されます。そして、アリルシステイン効能を一部挙げればコレステロール低下などがあり、これはサラサラな血を保って酸化体質を防ぐ効果があります。黒にんにくは2つの特徴に加え嬉しい特徴があります。